POLICY ポリシー

プライバシーポリシー

株式会社DCXforce(以下「当社」といいます。)は、お客様の個人情報の保護について、社会的責任を十分に認識して、業務において個人情報を取り扱う場合には、個人情報に関する法規則等を遵守します。また、最新のIT技術の動向、社会的要請の変化、経営環境の変動等を常に認識しながら、個人情報保護体制の継続的な改善に、全社を挙げて取り組み、お客様を尊重し、当社に対する期待と信頼に応えていきます。

当社事業、並びに従業員の雇用、人事管理等において取り扱う個人情報について、あらかじめ特定された利用目的の範囲内において、個人情報の適切な取得・利用及び提供を行い、利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱い(目的外利用)は行いません。また、そのために適切な措置を講じます。

当社は、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針、その他の規範及び社会秩序を遵守し、個人情報の適切な保護に努めます。

当社は、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏洩、滅失又は毀損等のリスクに対しては、合理的な安全対策を講じ、事業の実情に合致した経営資源を投入し、個人情報のセキュリティ体制を継続的に向上させていきます。また不適切な事項については是正を行うこととし、個人情報を最善の状態で保護します。

当社は、個人情報の取扱いについて、苦情及び相談等のお問い合わせがあった場合には、迅速かつ誠実に対応します。

東京都港区六本木一丁目6番1号
株式会社DCXforce
代表取締役社長 新宅央

個人情報の利用について

当社は個人情報を、取得の際に示した利用目的並びに以下の利用目的の範囲内又はその取得状況から明らかである利用目的の範囲内で利用するものとし、ご本人の同意がある場合又は法令に基づく場合を除き、他の目的で利用いたしません。

お取引に関する個人情報
・当社のサービス提供のため
・お取引先との契約に伴う実行管理、その他ご連絡のため
・当社サービスに関連して、個人を識別できない形式に加工した統計データを作成するため

お問い合わせに関する個人情報
・当社サービスに関するご案内、お問い合わせ等への対応のため

従業員・退職者に関する個人情報
・雇用契約管理、従業員の人事労務管理のため
・各種法令に基づく事務手続の管理情報また基礎情報として確認するため

採用応募者の方の個人情報
・新卒・中途採用に関する選考や採用可否判断、入社手続のため

株主に関する個人情報
・会社法に基づく権利の行使・義務の履行のため又はそれらと関連を有する事項の対応のため
・株主としての地位に関し、当社から各種便宜を供与するため
・決算報告書その他配布物の送付及び連絡のため
・各種法令に基づく所定の基準による株主のデータを作成する等、株主管理のため

リサーチ会社等より提供されたアンケートモニター等の個人情報
・サービス提供に関する調査のため
・モニターへの調査に係る連絡のため
・調査に関する統計データの作成のため

個人情報の第三者への提供について

当社は、以下の場合を除き、ご本人の同意なく第三者(委託先及び共同利用者を除きます。)に個人データを提供しません。

法令に基づく場合
・人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
・公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
・国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることによって当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

外部委託について

当社は、業務を円滑に進め、また、お客様により良いサービスを提供するため、個人情報の取扱いを外部に委託する場合がありますが、その際には、委託先との間で情報の取扱いに関する契約を結び、個人情報管理の徹底・情報漏洩の防止等の措置について、必要かつ適正な監督を行います。

個人情報の開示等の請求について

当社は、お預かりしている保有個人データについて、ご本人又は代理人から所定の方法により個人データの開示等(利用目的の通知、開示(第三者提供記録を含む)、内容の訂正・追加・削除、利用の停止又は消去、第三者への提供の停止)のご請求をいただいた場合、ご本人あるいは代理権の確認をさせていただいたうえで、法令に従い合理的な期間及び範囲で対応いたします。ご請求の一部又は全部について対応いたしかねる場合には、遅滞なくその旨をご連絡いたします。

個人情報の安全管理措置について

当社では、個人情報の取扱にあたっては、組織的安全管理措置、人的安全管理措置、物理的安全管理措置、技術的安全管理措置を適切に行います。

(組織的安全管理措置)
個人情報保護に関する管理体制の構築、社内規定等の組織的な管理体制を構築しています。

(人的安全管理措置) 個人情報を取り扱う全ての従業員に個人情報保護に関する研修を実施するとともに、取引先との秘密保持契約を締結する等の措置を講じます。

(物理的安全管理措置) 個人情報を取り扱う区域において、従業員の入退室の制限を行う等の措置を講じています。

(技術的安全管理措置) 個人情報にアクセスする場合の権限管理、システムの不正ソフトウェア対策等の技術的措置を講じます。

個人情報保護方針及び個人情報に関するお問い合わせ・開示等請求窓口

株式会社DCXforce
個人情報保護管理者:コーポレート本部
メールアドレス:kanri@dcxforce.co.jp

制定日:2023年3月1日

情報セキュリティ基本ポリシー

株式会社DCXforce(以下「当社」といいます。)の事業活動にとって、社内に蓄積された情報は極めて重要な資産であり、厳格な管理体制の構築が不可欠と考えます。業務を通じて収集されたお客様情報その他の当社が取り扱う情報資産について適切な安全対策を講じ、故意や過失という区別に関係なく、改ざん、破壊、漏洩等から保護することを目的に、本情報セキュリティ基本ポリシーを定めます。

当社は、業務を通じて入手・蓄積した各種情報資産を重要資産と位置付け、経営者・従業員及びその他関係者への教育・啓蒙活動を通して、情報資産の機密性・完全性・可用性を守る情報セキュリティ体制を整備し、情報の保護に万全を尽くし、継続的な改善を図ります。

当社の業務に携わる従業員一人ひとりは、日々の業務において、情報セキュリティの責任を強く自覚し、当社の情報資産を有効活用するための管理を徹底し、もって円滑なる企業活動の確保を図ります。万一、情報セキュリティ上の問題が発生した場合、直ちに原因を究明しその被害を最小限にとどめるとともに、事業継続性を確保するよう努力します。

当社のトップマネジメントは、情報セキュリティ管理の重要性を十分に理解し、この情報セキュリティ基本方針を支持し、情報セキュリティの維持及び確保について、全社一丸で取り組む体制を構築するものとします。

東京都港区六本木一丁目6番1号
株式会社DCXforce
代表取締役社長 新宅央

反社会的勢力に対する基本方針

株式会社DCXforceは、反社会的勢力による被害の発生を防止し、業務の適正を確保するため、次のとおり「反社会的勢力に対する基本方針」を定め、これを遵守します。

組織全体での対応
反社会的勢力に対しては、組織全体として対応を図ります。

外部専門機関との連携
反社会的勢力に対しては、警察、弁護士、暴力追放運動推進センター等の外部専門機関と緊密に連携して対応を行います。

取引関係を含めた一切の関係遮断
反社会的勢力とは、取引関係を含めて一切の関係を持たず、また、反社会的勢力による不当要求は断固として拒絶します。

法的対応
反社会的勢力による不当要求に対しては、民事と刑事の両面から法的対応を行います。

裏取引及び資金提供の禁止
反社会的勢力に対する裏取引及び資金提供は絶対に行いません。

広告品質ポリシー

インターネット広告品質向上の取り組みについて

当社は、一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会(JIAA)の各種ガイドラインに準拠し、無効トラフィックの排除やブランドセーフティの確保を推進しています。

JIAAガイドライン
・広告トラフィックの品質確保に関するガイドライン(無効トラフィック対策ガイドライン)
https://www.jiaa.org/gdl_siryo/gdl/ivt_gdl/

・広告掲載先の品質確保に関するガイドライン(ブランドセーフティガイドライン)
https://www.jiaa.org/gdl_siryo/gdl/brandsafe_gdl/

・JIAA(一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会)への入会
当社は、2022年10月1日付けで、JIAA(一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会)の正会員資格を取得いたしました。

CONTACT

お問い合わせ

MORE